theme 4- 見るべきところはそこじゃない、

ブログをまったりと初めてからというもの, 日常を綴るように定期的にブログをupするわけでもないし, かと言ってアフィリエイト等への準備としてのサイト設計etc...おそらく自分の性格は自分がよく知っているようにこれはかなり長くこのブログを運営して運営者である僕自身が熱量を持って「これで金を稼ぐのだ!!!稼ぐと言ったら!稼ぐ!!」くらいの勢いが無いと無理な話で, 自然消滅しないよう最善の注意(もし読者がいるとすれば)を払いながら至極まったりと更新していくので, どうぞ来月からもよろしくお願いします.

さてさて, 今日(日本時間03:00)に米国FOMC政策金利発表の日です.
今週は相場の雰囲気も張り詰めた緊張感と, 前回の欧州ECBのマリオ・ドラギ総裁の定例会見並みの緊張感ですよコレは…(失笑)

金融経済についても少しずつ自分の知識で語れる範囲内でもっとこの記事を通して, 世界ではこのようなことが随時起きているのかや, 自分たちの国に対する見方を経済を通してもっと身近に感じられたらいいなと思って気の向くままに書きますのでわからない用語などは気にせず, なんとなーく概観だけでも輪郭のようなものを知るだけでもきっと普段の日常生活において役立つ教養ともなるかもしれません.

今回の日銀黒田総裁の定例会見ではインフレ率1%を2019年達成を目処にまだまだ金融緩和政策を推し進めるという見通しであり, 2020年オリンピック開催には目標である2%に到達するであろうという目論見があるためです.

しかし, アベノミクス初導入時に2%は視野に入ってむしろ現在は達成されて, 景気を一旦引き締めて落ち着かせるぞという想定だったのですが, こればかりは経済理論上は達成できても相手にしているのは人間なのでそう上手くいかないのが現実です.

消費を促すためにマイナス金利を強行的に推し進めた異例の日銀.

彼らはどこを見ているのか??

僕らは彼らの意図を読み取ることができたのか?

答えは, 「僕ら国民は日銀の意向が読み取れず意味がわからないままマイナス金利という仕組みをいまいちピンとこない政策だけが一人歩きし, むしろその複雑さに元々バブル崩壊の余波を残した僕らは懐疑的になり, 家計の財布の紐が固くなってしまいました」.


異次元金融緩和...(名前自体そもそも怪しい笑)

これが何を意味するのか.

つまるところ, 僕ら国民が対象ではなく(国民はセカンドターゲット)第一目標は中小企業を含めた会社の景気促進なのです. 日本は輸出が主な国家収入源ですから円の価値が安ければ安いほど海外で売れるので日銀はお金を大量に発行することによってそれら業種がまずは潤うように仕向けます.

主要産業分野が儲かるということは, 日本全体の景気も良くなるはずです. 実際, アベノミクスは効絶大で大企業を始め従来よりも多くお金が入りましたが, ここで一つ問題が起きたのです.

本来は企業が儲かることでその従業員たちの賃金が上昇し, 賃金が上がることで家計の消費を促すというトリクルダウンが狙いでしたが, 企業がその儲けたお金を社会に還元するのではなく, 自社の蓄え=会社資産へとしてしまったのです!!!

じゃあなぜ使わないお金を儲かった企業は使わないのか?という問いに対しては,

これはバブル崩壊時に銀行側の融資が受けられなくなったことが主な要因の一つになります.

つまり, もし今後景気が停滞し売上が低迷すると,不安になりますよね. そうすると銀行側も容易には融資してくれない現状なので自らどうにかするしかなくなってしまい, 企業自体も売上が上がってもこれがいつまで続くのかわからないのが現状ですから, 自然と将来の漠然とした不安を残したまま備えとして蓄えてしまうということを覚えておいてください.

そうすると儲かっても従業員の賃金を上がらず, 決算上の数値だけが上がりあとは横ばいなものですから当然日銀の狙いである消費促進も意味を持たなくなりますよね.

ということは日本の経済は数字上改善されたとしても, 実際それは社会に還元されているのかと言われるとそうでもないよということに繋がってしまい逆に将来への不安だけが漠然としてるこの世の中貯蓄に走るのは仕方がないことなのかもしれません.

では最後に,

安倍首相を始め, 日銀は僕ら国民のために禁術(使ってしまうと最後, 副作用の大きい)を使ってまで金融政策を打ち立てたのですから僕ら国民は彼らの考えを少なからず受け身でただ何となく接するのではなく, 自分の頭で考えどう向き合っていくかということこそが大事な世の中なのではないかと僕は密かに思ってたりします.

禁術という単語はいまここに書いてしまうのさらにダラダラと文章が続いてしまうのでまた機会があれば書いていこうと思います.


終わり


P.S.
今日は息抜きとして大きいゲーセンでアーケードシーンなるKOF14とシアトリズムFFをプレイして見事ハマってしまいました…笑 もしかするとこれは週一で通うかもね(笑)↑何かオススメのアーケードゲームがあれば是非コメントでもなんなりくださいね.

theme 3 -ヒューマン・コネクトニズム

僕らはいつから見えないものたちと,

常に時間の許す限り接続するようになったのか.

君は必要としない(されていない)接続をその携帯端末やはたまたタブレット端末etc様々な手段を講じ, この現実的な世界からそれら接続媒体を通じて, 決して僕らの両眼ではその姿を捉えることのできない(ひょっとすると百年後には視えるようになるかもしれない)電脳化されたそれらに繋がろうと君は端末を手に, 暗闇の中や電車に揺り動かされながら, 友人との会話の最中, もしかするとこの記事を読んでいる最中も複数のデバイスを用いているかもしれないね(笑)

君はいつから, それらにアクセスし始めたの?

それは君にとっては人生を少なくとも大きくは変えなくとも, 少なからず影響をもたらしたはずだ.

しかし, それは必ずとも良い結果に繋がったのだろうか.

それとも, それを手にアクセスする前の方が幸せを感じ取れていたのだろうか.

答えは一つでも, あるわけでもない.


インターネットという概念が生まれるまでは, 僕らは限りある有限的な世界で人と接してきた.でも, 時代は流動的に流れる. それこそ川のような一方通行といったような流れではない,例えるのなら大海の海が想像しやすいはずだ.

時には, 海流の流れを変え渦を巻き, その目下では断層が振動し波を打つ.

様々な動きが僕らを翻弄し, また僕らを感動させるような出来事が起こったりするように.

激動の中インターネットは進化を続け僕らの生活に根付き, もはや無くてはならない命の次に''大切なものだ''と言っても過言ではないほどのものになったのではないのだろうか?

命に換えてまで接続をし続け, 人間としての営みを忘れ, 僕らだけに与えられたギフトを自らゴミ箱の中に放り込みその特権を放棄し, アクセスすること自体が人生かのようなものたちも確かに存在するかもしれない.

ただそれは危険な行為なんだ.

そこまでしても得られるものは寂しさや空虚感を一時的に脳の隅っこから追い出すだけなのに...

確かに, 僕も夜になると寂しい気持ちにもなるさ.

でも, その気持ちを感じている君はとっても人間らしいし, 寂しさを紛らわすために暗闇の中青く光る液晶画面なんかよりもよっぽど素晴らしいものを持っているだよ.

いいかい, 忘れないことが重要なんだ.

ツイッターフェイスブック(その他sns)それに繋がり続けることが正しいとは限らないんだ.
それらはあくまで道具として利用するのであって, 逆に利用されてはいけない.

君は容量を超えた接続を繰り返し, 日々を消耗することだけはしないでほしい.

なぜ僕らは接続し続けることが当たり前だと錯覚するようになったのか.

それは自らの考え答えらしい答えを出すことから始まるんだ.

これを読んで少なくともこの記事を書いている人は何が言いたいんだ?意味不明と思う人もいるかもしれない.それでも僕は構わない, あくまで僕は文字を書くことが職業な人間でもなければ, ただの君と同じただの人間なんだよ(笑)

別にこの話自体にオチがあるわけでもないし(オチを期待していた人には申し訳ない), この文章構成が君に見やすいかどうかもわからない.

でも, この記事を読み何かを感じ何か考えるようになっただけで僕は嬉しい.


さあ!!外の世界に足を踏み出そう.

普段聴こえてくる音に耳を澄ませてみよう.

退屈な世界が色付き始め, 液晶画面よりもカラフルな世界に僕らは生きているだと感じるはずだ!!!



終わり


P.S.
ただタイトルが先に思いつきそれを基に書きましたが, ブログのタイトルはあくまでタイトルなので深くブログ内容に関わることはないです.
あ, そういえば村上春樹の「騎士団長殺し」上巻だけ買ったけど見てないや(笑)

theme 2 -されど、雨は降りぬ


第一稿目の記事でも宣言した雑記ブログですが, 僕は経済学が好きなので20才になってその2ヶ月後には生まれて始めて自分自身の証券口座を開設しました(笑)時々どのように運用しているのか機会があれば是非書いてみようと思います.

テーマは世間が投資やfxに対して誤解していることや銀行にただ預金するだけで本当に安心なのか?など…etc

僕が, 実際に少額投資ではありますが感じたことを''金融'', ''経済''という両方の観点からわざわざこのブログに足を運んでくれる読者様たちに教養とまではいきませんがそれに値するような知識を授けられるように拙い文章ながらも発信していこうと思うのです.

ですが, 当ブログの主旨は一貫して雑記中心なので悪しからず…(笑)

まだまだ, ブログ構成を定めておらずよくあるようなアフィリエイト広告が塗りたくってあるブログ, やたらと行間を空けることで読んでもらう文章を1〜2行程度に簡潔したブログらをGoogle検索で[ 雑記ブログ ]と打つだけで数え切れないほど目にしますよね(笑)

ただ一つ,彼らのブログ媒体を構成する文や言葉は余りに幼稚な印象を感じてしまうのです!!
( ああ!!本を!活字を読み漁るものなら共感してくれるに違いない!!! )

彼らはあくまで金儲けの道具という認識でしか君たちのことを考えていないのだ!!

このような強い偏見を僕は常にほとんどのブログに抱いてしまっている以上, 柔軟なブログ運営をすることはできないかもしれません…(泣)

しかし, とあるブログでは無駄に5000文字程度の記事を書いても意味がないだとか(そもそも限られた知識でそこまで書けることが驚きです笑) きっと, ブログを運営しているほぼ大多数の方々は自分が''搾取する側の人間なんだ''という妙な考えが深層心理の奥底では思っているからこそ, 必要としていない情報を無知で吸収性のある読者に情報過多を起こしいるのではないのか?


確かに, ブログを運営する上で読者層を意識することは重要であることは確かである.


それでもなお, この記事を読んでくれている君たち(読者様)に僕は感謝しています.


終わり.


P.S.
このブログを書いている最中に, 僕の好きなfolk singer ''Passenger''を聴きながら執筆しました
↑(かなりどうでもいい笑) 個人的にかなりオススメなので,youtubeで気軽に検索してみては

theme 1 -マインド・アイランド


はじめまして



このブログは基本,不特定多数の読者であろう方々に僕の考えや日々感じたことや日常などを書き綴る雑記ブログという形に沿ってこれから(ハイペースでの更新はできませんが笑)緩くのんびり細々と更新していこうと思っています.


ブログという媒体が''ブロガー''''アフィリエイター''という人たちにお金を生む新たな市場として注目され始めてからというもの, ますます僕のようなこれから収益を得る為に(僕も例外ではない)始めようとする者たちや, 以前のブログ形態と同じように日記感覚でやるような者など様々な人たちが混在する中, ほぼハイパーインフレとまではいきませんが徐々に過熱感を増すこのブログ市場にどうやって上手く順応するのかなど色々な問題もあり, 元手ゼロで始められるブログは魅力があると思います!!


しかし,一つ問題が..(笑)


僕は毎日更新するとか, 商材を販売するといったような器用な人間ではないのであくまで「収益が得られるだけでも良いじゃないか」というようなスタンスでの運営なのでアフィリエイト広告も手探りで載っけたりするかと思いますがその時はお気軽に(僕の読者様であればなお一層)応援するつもりでお願いします(笑)



まだまだウェブサイトを上手く使いこなせていないので当分は殺風景なブログとなりますが, アイキャッチ写真なども無料運営が許させる限り駆使して, これから読んでくれるであろう人達の為に工夫していこうと思います.



それでは, また近いうちこのブログで会いましょう.



終わり.




P.S.
本のレビューや個人的にオススメしたい漫画の紹介, はたまた映画など結構幅広いジャンルを扱っていく予定なので単一ジャンルなどを扱う鬱陶しいブログと差別化できたらいいな..ハハハ