History of Cava

-あるいは隣の億万長者でいっぱいの世界。

theme 13- おれの声を聞け。

 

僕は他の人が書いているブログを読むことがあまりない.

割りと, ブログを書き始めた頃は(このブログを開設するまでに何回かは作っては削除をしていた)はてなグループから目ぼしい人を見つけては読者登録をしたり星を送ったりしていたけど, あんなのはtwitterと全く同じで, 大して面白くもなんともない記事ばかり書いているのに異様に読者数が多い(または星が付いていたりetc)ものやら, 大方ランキング上位以外は相互フォローの上で成り立っているということが多いのでは?? と, 考えるようになってからは他人のブログを読むことやましてや定期購読するとかほぼほぼなくなりました.

 

ましてや最近のブログは「〜だと思ったら〜だった件」「〜について〜が感じる〜な話」みたいなそれこそ数えきれないほどのラノベ風なタイトルでいかにも面白そうだ, という記事を見かけたりするがいずれもタイトルだけで内容が推測できてしまうし, ブログというよりもマーケティングに力を入れる風潮が強い気がするのは僕だけなのだろうか.

 

製品や本のレビューにAmazonのリンクを貼ったりして稼ぐことが目的なら, 別に構わないのだけれど, 単にブログを人を集めるだけの道具として使い, 自分には発言力があるんだみたいな記事を見つけた時は正直あまりいい気はしない. 

 

まあ僕自身, 言えたことではないけれど, 僕が目指しているブログというものは誰が読もうが読まないが構わないというスタンスでやっているだけのことなのでただ人に僕の話を聞いて!ねえ!みたいなやつが嫌いなだけで, そのようなブログを書いている人には申し訳ないけど.

 

他にも, 映画1000本観てきた私がオススメするみたいなものは実際ほとんど観てきてはいないのに(映画数を数えたことあるのかこの人)検索上位でヒットしてしまい無駄足になってしまうのは本当にイヤなので, Googleはもっとアクセス数もそうだけど内容がゴミクズレベルの一般ブログを検索上位に載せないでくれ以外の感情がない.

 

全く作りが同じブログばかりがヒットするので, 自分が信用できると思うようなレビューやブログなんてもしかしてひっそりと誰にも知られずに運営してるんじゃないの?とか思ったりするわけなんですが,  ほんとうにすごいこと(面白いこと)が書いてあるブログほど下位の方にあって, 彼らのブログってサイトがお粗末なので(僕のようなテキトーに作りました)ほぼ開設した時のままであることが多いような気もする.

 

もし, これから真に面白いブログを探している人がいたら, あえて人気のあるような(検索上位にいるような)ブログは是非見ないようにして, その後ろに隠れているブログを読んでみてはいかがでしょう.

 

P.S.

炎上商法ばかり使う人間は, 自分は商売の才能ないので放火します. と宣言しているようで, それはそれで一種の才能が感じられるけど見ず知らずの人たちのヘイトを集めてまでしたいのか?とは密かに思ったりもします